占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占星術視点で、あなたが後世に遺すものは何か?

真中です。 占星術の可能性の話をします。 もし、今、自分がこの世からいなくなるとして、後世の人たちに何が遺せるのか? 占星術はそれを具体的に表現することが可能です。 ヒントはホロスコープの8番目の部屋である8宮。 そして、2番目の部屋である2宮。 …

自分のドラゴンテールが相手に影響を及ぼしている場合の付き合い方。

真中です。 悪縁の代表格である、ドラゴンテール。 この自分のドラゴンテールが相手の運命と関わる場合、自分はどう振る舞えばいいのか? これだけでも深遠なテーマです。 自分が相手の(前世の)敵。 平たくいうと、自分が過去、相手を攻撃していた、という…

対人関係の悩みは、自分の資質から紐解いていく。

真中です。 対人関係の悩みって本当に多くて、大ベストセラーである「嫌われる勇気」では、すべての悩みは対人関係であると言い切っているぐらいです。 なぜ対人関係の悩みは尽きないのか? 占星術的に言えるのは、自分の対人関係におけるスタイルと、自分の…

占い師は、当事者でないからこそ見える景色を大切にしている。

真中です。 占い師に限らず、カウンセラーやコーチングのアプローチは、当事者でない、つまり、その事に直接関係ない人だから見える景色を大切にしています。 占星術師の僕であれば、ホロスコープ(運命の地図)から見える景色で、その方の運命を把握するの…

トランジット・リリスの可能性。

真中です。 占星術でどの理論を使って鑑定するかは、その占い師のスキルやセンスに依存します。 例えば、未来予測の場合、トランジットという理論を使うのか、それ以外の理論を使うのか? 僕の場合、トランジット、エイジポイント、プロファクションを主に使…

第46回全国バーテンダー技能競技大会 in 徳島。占い師はバーテンダー?!

真中です。 週末、徳島にて開催された、日本バーテンダー協会が主催する技能競技の全国大会に行ってきました。 僕がひいきにさせていただいている、京都のBARの店長が出場するので、その応援に。 その実、京都大会、関西大会と見てきたのですが、精鋭が集ま…

リスクヘッジがしたい? それともリスクテイク? 占星術のリアルな視点。

真中です。 前回、以下の記事をアップしました。 占星術に限らず、占いのメリットってやっぱり……。 - 占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」 ここにも書いてある通り、僕はリスクヘッジ(リスク回避)の鑑定は正直あまりオススメしていないのです…

占星術に限らず、占いのメリットってやっぱり……。

真中です。 とある有名芸能人の方の脱税が取り沙汰されています。 確かに金運に難あり、不幸の知らせがあるホロスコープでした。 特にすべての不幸が詰まっている12宮の主星の絡み方がマズイ。。。 お金の不幸が出過ぎているぐらい出ている。。。 ✳︎ 占星術…

占いを生かす人はどんな人? 占いジプシー問題を考えてみた。

真中です。 占星術鑑定をやったり、同業の方とお話しする機会で、どんな人が占いを生かせるのかと? ということを考えさせられます。 結論から言うと、経営者の方は占いを生かしやすい。 理由は、自分で考え、自ら行動を起こすから。 意外に思う人もいるかも…

占星術の最大のメリットって何?

真中です。 今日はまず、僕の師である橋本航征先生のブログ記事を紹介します。 占星学は全てを占う理論があります | 橋本航征の占星学 ここに書いてある24の質問について、占星術はすべて、理論を用いて回答が可能なんです。 特に、 21)今、住んでいる家で問…

日々の生活を大切にするための月占星術。

真中です。 僕は月専門の占星術師ではないのですが、月に注目する効用が確実にあるので、月を主軸にした占術は多用していると思います。 例えば、月星座のドデカテモリ。 ドデカテモリとは、例えば太陽星座がしし座の場合、単にしし座の性質である王様気質、…

私家版占星術小冊子の記事を書いています。

真中です。 これまで鑑定とブログ更新を主軸に活動してきたのですが、来年発行に向けた、小冊子の記事を書き始めました。 実は、既に原稿用紙30枚ほどの、とある女性を主人公にした物語はほぼ書き終わっていたのですが、今回、大幅に見直して、占星術の人生…