占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

悪縁の人とどうつきあっていくか?

真中です。

 

占星術において相性鑑定は得意分野の一つです。

 

自分にとってどういう人生分野(以下一例ですが、自己、金運、勉強、家庭、恋愛、結婚、財産、海外、天職、仲間、癒し)でプラス・マイナスになるのか。

 

また、相手が自分にとってどういう存在(友人、恋人、親、先生…)なのか、明確に出せます。

 

加えて、ドラゴンヘッド・テイルの良縁・悪縁。

 

僕の占星術の師である橋本航征先生が広めたリリスによる相性(本質は悪縁。恋人縁や徹底的に接して徹底的に離れる)も用いれば、相当に精度の高い鑑定になります。

 

✳︎

 

さて「悪縁の人とどうつきあっていくか?」ですが、オススメは「理性を働かせて適切に距離をとる」です。

f:id:mokyoto:20190102091842j:image

これって、一見当たり前のようで一番大切なことなんですね。

 

この人距離が近すぎるな、ちょっと気持ち悪いな、一緒にいて気分が悪いなと思える人が身近に何人かはいらっしゃるのではないかと思います。

 

不倫や二股でつきあっていた経験がある人は、相手の方とは周りが見えなくなるぐらいのめり込んでいたけど、あの人との関係は本当に良かったのだろうかと、疑問符が残っている場合もあるかと思います。

※大抵そういう人との関係は悪縁だったりします。

 

社会に出れば、特に職場の人間関係って選べるケースなんてほとんどありません。

 

近所づきあいでも、嫌な感じがする人がいたからといって、すぐに引っ越せるわけでもありません。

 

✳︎

 

大切なのは「ここまではOK、ここからはNG」を自分の中で明確にすること。

 

きちんとご自身の理性を働かせて、相手との健全な関係はどこまでなのか、線引きを明確にすることです。

 

✳︎

 

僕はこの「理性」こそが幸せになる鍵だと確信しています。

 

あの人と一緒にいるとひどく疲れるけど、放ってはおけない、という人間関係や、恋愛で猛烈にあの人のことが好きだから、この想いはホンモノだ! というのは危ない。

 

行き過ぎた同情や盲目的な恋愛感情は愛ではありませんので。

 

これ以上立ち入って欲しくないという意思表示や言葉を伝えているにもかかわらず、近づいてくる人には、理性をピリッと効かせて「断る勇気」も必要です。

 

 

真中伸也

https://mokyoto.com/