占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

月が教えてくれる、人生の岐路に立った時の判断基準は?

真中です。

 

占星術において「月」は非常に重要な惑星です。

 

ホロスコープ(運命の地図)で、月はその方の後天的体質、外見(見た目)、ライフスタイル、精神、潜在意識、男性の方であれば結婚相手の方のありようも教えてくれます。

 

女性の方を鑑定させていただく場合、月を基準としたルナーチャートを用いて鑑定することもあります。

 

また、その日の幸運な食事や方位は何か? また吉日鑑定においても月をしっかりと確認します。

 

✳︎

 

それほど重要な「月」ですが、僕の鑑定ではさらに、

「人生の岐路に立った時の判断基準は何か?」

もその方のホロスコープ(運命の地図)にある月を見て、お伝えするようにしています。

 

例えば僕の場合ですと、

・それが自分の学びになるか?

・移動や外出、出張、旅行に関することか?

・人に伝えたくなるほどの情報か?

・自由であるか?

・それが本質、本物であるか?

・師の教えであるか?

・古典的な教えであるか?

・時間をかけてじっくりと醸成されたものか?

が人生の岐路に立った時の判断基準です。

 

✳︎

 

誰しも人生の岐路に立つことがあるかと思います。

 

結婚や就職はもちろん、新規事業の立ち上げ、遺産継承など、そのタイミングにおいて、誰しも迷い、時には苦しい思いをされる方もいらっしゃると思います。

 

先に挙げた「人生の岐路に立った時の判断基準」は、その方の本質を読んでいるのですが、ご自身に合った判断方法が必ずあります。

 

それは、過去を振り返ってうまくいったこと、うまくいかなかったことにもヒントが隠れていると思います。

 

例えば、僕の場合、せっかちに人との信頼関係を築こうとして、失敗してきました。

 

・時間をかけてじっくりと醸成されたものか?

を疎かにしていたからなんですね。

 

うまくいったことといえば、

・それが本質、本物であるか?

です。

 

占星術に関して、僕の師である橋本航征先生や、なかむらみれい先生の下での師事は、この判断基準に基づいたものです。

(お二人との出会いは、感謝しかありません)

 

✳︎

 

答えは常に自分の中にある、という考えがあります。

 

僕も経験上、それは正しいと思います。

 

内なる自分へに問いかけ、答えを見つける。

 

本当は誰しも自分に合った答えを持っているのだと思います。

 

 

占星術師 真中伸也

https://mokyoto.com/