占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

夢、希望を達成するための「嫌われる勇気」。占星術の夢、希望と仲間論。

真中です。

 

占星術で使用するホロスコープ(運命の地図)で、その方の夢、希望は何かを見るとき、11番目の部屋(11宮)とその11宮を支配する星座、そしてその星座を支配している主星を見ます。

 

僕の場合、11宮が牡牛座でその牡牛座を支配している金星が1宮(自分自身)に入っています。

牡牛座がお金、美、口、話す、マイペース、現実的、を意味するので、僕の夢、希望は十分な収入を得ることや、話すことが喜び、自分のペースで現実的に生きることになりますし、実際のところ、それを目標に生きています。

さらに牡牛座を支配している星、金星が自己の達成を意味する1宮にあるので、独立、自営も大切な要素です。

 

この11宮は友人も意味しますので、芸術関係者やご飯を一緒に食べる人、飲食関係の友人に多くいると読めますし、僕自身、そういう人とのつながりは深いです。

 

✳︎

 

占星術的に言えば、 良い友人に恵まれれば、夢、希望は達成しやすくなる。夢、希望は良き友人が運んでくる。

これは間違いのない法則です。

となると、やはり良き友人を選んで付き合わないといけない。

 

✳︎

 

なぜ、この記事を書こうと思ったのかというと、性格の悪い人、運を下げる人と付き合い過ぎていて、自分の夢、希望が達成できない人が結構いるのかなと感じているからです。

カフェで仕事をしていて、愚痴を言い続けている人、嫉妬にかられている人、自分のことしか考えていない人に対して、嫌々付き合っている人を結構見ます。

出会いは宿命ですが、付き合い方は理性であらかた解決できる。

性格の悪い人、運を下げる人を遠ざけるための「嫌われる勇気」はよりよく生きるための必須スキルです。

f:id:mokyoto:20190223182428p:image

ご参考までに。。。

 

占星術師 真中伸也

https://mokyoto.com/