占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

ドラゴンテールの悪縁で知っておいてほしいこと。

真中です。

 

このブログでは、悪縁に関する記事が本当によく読まれています。

悪縁の代表格はリリスとドラゴンテール。

今回は、ドラゴンテールに話を絞って書いてみたいと思います。

 

✳︎

 

ドラゴンテールの縁を一言でいうと「前世の敵」。

相手のドラゴンテールとご自分の太陽、月、アセンダントが重なっていたり、向かい合っていると、その相手の方は、前世で自分を傷つけたり、悲しませていた存在です。

その相手と今世でも再会し、しかも敵という立場が変わらないから厄介。。。

だからドラゴンテールの縁は悪縁。

占星術ではそう解釈します。

 

✳︎

 

さて、大切なのはここからで、このドラゴンテールの悪縁は、今世で必ず迷惑をかける存在かというと、ちがうパターンもあります。

 

それは「前世の借りを返す」存在かもしれないということ。

つまり、今世ではその人の力になることもあります。

 

では、実際の鑑定で、ドラゴンテールの相手が、今世でも敵か否かをどう判断するのか?

もちろん、自分が困っている時に助けてくれるのであれば、借りを返そうとしていると、判断できなくもありません。

※ただし、悪縁の相手の一瞬の気の迷いの可能性もあるので冷静に。

 

僕は、その相手の方の星が、自分の太陽、月、アセンダント、ミッドヘブン、統治星、10宮の主星に良い影響を与える配置になっているかなどを総合的に判断します。

 

✳︎

 

さらにいえば、ドラゴンテールの相性であるその人が、前世の借りを返したのであれば、もしくは借りを返したいという想いを自分が受け止めたのであれば、離れても良いのかなと思います。

やはり悪縁は悪縁です。

 

「お気持ちは十分受け取りました。これからはそれぞれの道を進みましょう」。

 

これがドラゴンテールの縁の方への心の持ち方、付き合い方のように思えます。

 

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら!

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です!

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから!

https://mokyoto.com/contact