占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占い鑑定を受ける最適な頻度は?

真中です。

 

「鑑定ってどれくらいの頻度で受けると良いのですか?」というお問い合わせがあったので、僕の意見として書いてみたいと思います。

 

かなりの本音で書けば、占星術においては「半年に一回」が最適かなぁと思います。

理由は、半年ぐらいで結構、運気の流れが変わるからです。

 

僕の鑑定では、日食に注目することがあります。

日食はだいたい半年に一度ぐらい起きていて、半年間のご自身の運命に影響を及ぼします。

この日食は必ずしも悪い意味とも限らないのですが、原則、凶の意味合いが強いですし、気をつけておいた方がいい人生分野を教えてくれる大切な存在です。

この日食が半年に一度起きることを参考に、鑑定を受ける頻度として「半年に一回」を採用されるのは最適だと思います。

 

それと、占いを受けていた時(クライアントの立場だった時)に思ったのですが、鑑定内容って忘れるんですね。(笑)

前回の復習も兼ねて、そして、過去半年間に起きたことを共有していただいて、これから半年をどう過ごすと良いのかを一緒に見つけていくのは、トータル良いことだと思います。

 

✳︎

 

次にオススメなのが、今年一年、どういう運命になるのか? という視点で、「一年に一回」の頻度での鑑定。

 

最後にオススメなのが、何か困ったイベントが起きたときであれば「都度、そのタイミングで」で良いと思います。

 

✳︎

 

そして、一番書きたかったのが、

「決して占い(占い師)に依存しないこと!」

これが本当に大切です。

 

先に「都度、そのタイミングで」と書きましたが、なんでもかんでも占い(占い師)に頼るのは、よくないことです。

運命の創造者はあくまでご自身ですし、ご自身の問題を本当の意味で解決するのはご自分しかいません。

 

ご参考に。。。

 

✳︎

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら!

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です!

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから!

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

https://mokyoto.com/contact