占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

令和の時代に幸運を呼び込む3つのテーマは?

真中です。

 

和暦が「令和」になりました。

日本国においては、新しい時代の幕開けです。

皆様にとって、たくさんの幸せが訪れる時代になりますことを心よりお祈りしています。

 

✳︎

 

さて、こういった時代の切り替わりの時、占星術ではホロスコープ(運命の地図)を作成して、その時代がどういう運命になるのかを見ることができます。

これは「イベントチャート」と呼ばれるもので、他にもその建物が安全かどうか、お店が繁盛するかなどを占ったりする際に活用します。

 

今回、令和に切り替わる2019年5月1日 午前0時時点のイベントチャートを作成してみました。

f:id:mokyoto:20190502194022j:image

 

✳︎

 

注目すべきは、やはり1番目の部屋である第1宮。

その主星(統治星)である土星が12宮と5度前ルールで第1宮の両方にある。

しかもその土星は山羊座にあり、本質的品位が吉。

ここから読めるのは「本物」を追求すること。

この国の仕事のあり方や、政治が大きく変化する可能性も読めます。

本物を追求すれば、仕事や政治の変化にも対応できます。

うわべだけ、効果がないのに効果があるように見せる行為、弱い立場の人を利用することは、確実に凶を呼び込みます。

人として、誠実に生きることが本当の意味で求められる時代です。

 

✳︎

 

他に注目すべきは2宮にある海王星と月。

それぞれ本質的品位が吉で、かつコンジャンクション (重なる)です。

2宮はお金を支配する宮。

これまで以上に、弱い立場の人に対して、金銭的支援が必要となる時代ですし、そういった施しをすることが吉となる時代です。

特に自国の人たちにそういった力になることがご自身の運の向上に寄与します。

募金や寄付を継続的にされることをお勧めします。

また、会話も家族に接するように、愛を込めて言葉を発してください。

家族や癒し、施し、愛が金運を強めます。

 

✳︎

 

また、11宮も注目です。

今まで以上に、コミュニティや仲間といった存在がこの国に生きる人の幸運のカギを握ります。

外国人や一泊以上の距離にいる人はもちろん、地元よりも少し離れた、日帰りで帰ることのできる距離にあるコミュニティに参加されることを強くお勧めします。

また、出先や旅先、出張先で出会った仲間がさらなる吉を呼び込みます。

人との出会い、コミュニケーションを楽しんで、そこで出会った仲間が困っていれば、力になってあげてください。

その恩がご自身に返ってくるはずです。

 

✳︎

 

他にもたくさんあるのですが、令和の時代をよりよく生きるため、幸運を呼び込む3つのテーマについて書いてみました。

 

ご参考になれば幸いです。

 

✳︎

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

https://mokyoto.com/contact