占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占星術師のヒミツ。アストロダイスとホラリー。

真中です。

 

先日、久々にアストロダイスを振りました。

f:id:mokyoto:20190529073438j:image

アストロダイスとは、星座、惑星、宮(ハウス)の3つのサイコロを振って、運命を読む鑑定法です。

僕の実践鑑定では、アストロダイスは使いません。

その方のホロスコープ(運命の地図)だけで読めないときは、ホラリーを使うからです。

ホラリーとは、その時、その場所でホロスコープを作成して、運命を読む技法。

僕の資質として、ホラリーの方が圧倒的に相性がいい。

 

ホラリーを使うときは、例えば、

・今度出会う人は運命の相手か?

・(不動産運が上がっているとき)その土地を買うべきか?

・行方不明者はどこにいるか?

を占う時です。

 

ホラリーは理論がある程度確立している占術ですが、その実、インスピレーションが試されます。

ホラリーで読むときは、真中スイッチが入る瞬間です。(笑)

 

もちろんアストロダイスの方が資質に合っている鑑定家の方もいます。

 

 

 

今回、何か言いたいのかというと、いい意味で占星術師を困らせる質問をしてほしいのです。

占星術師の真価を発揮するのは、まさに予想外の質問。

今持てるすべての技術とインスピレーションを、鑑定に盛り込むからです。

その質問に対して、果敢に挑むことが、鑑定家、クライアント、双方に有益です。

ぜひ、鑑定を受ける際は、しっかりと質問を準備されることをオススメいたします!

 

✳︎

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

https://mokyoto.com/contact