占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

悪縁を断つ占星術 Part6 愚痴を言う人、言われて疲れる人。

真中です。

 

この人、自分にずいぶんと愚痴を言ってくるなぁという人が周りにいませんか?

 

もしそういう方がいた場合、占星術ではその人の土星が自分に影響を与えていないかを確認します。

土星が影響を与えている場合、相手が愚痴っぽくなりやすいのです。

愚痴以外にも、一緒にいて疲れる、体調がおかしくなるといったことが起こるのであれば、土星の影響を疑っていきます。

 

✳︎

 

土星は占星術の中では大凶星。

ただし、相性においては、必ず最悪の不幸を相手に与えるというものでもなく、場合によっては人生の師という関係もあります。

※不幸ではなく試練を与える。

 

大切なのは、自分自身が土星の影響を与える相手に対して、どういう関係でいたいのかを明確にすることです。

学ぶことがあれば師、愚痴しか言われないのであれば距離を置く。

 

人生の創造者は自分自身です。

 

自信を持って相手との関係性を決めて良いのだと思います。

 

✳︎

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

https://mokyoto.com/contact