占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

悪縁を断つ占星術 Part15 相手への破壊衝動には気をつけよう!

真中です。

 

某タレントと某政治家が揉めている。

某タレントが某政治家をテレビ番組で非難。

その後、某政治家がそのテレビ局の前で、某タレントを実力行使で非難しました。

それがマスコミやインターネットで取り上げられ、話題になっている。

占星術で2人の関係を確認すると、

某タレント→某政治家にリリスの悪縁。

某政治家→某タレントにドラゴンテールの悪縁。

リリス、ドラゴンテールの2大悪縁で二人の関係は噛み合ってしまっている。

関係性としては最悪といっても差し支えない。

 

✳︎

 

こういう関係の時って、相手に対して破壊衝動を抱きやすい。

そして、多くの場合、破壊衝動は悪縁の関係を悪化させやすい。

特に今回、某タレントの方がかなり分が悪い。

悪縁だからこそ、破壊衝動で攻撃するのは絶対にNGで、むしろ距離を取らないと、相手に足元を掬われる。

それが悪縁の本質でもある。

 

✳︎

 

これはあらゆる関係性に言えることだ。

相手が憎い、いじめたくなる、非難したくなると思ったら、その心に気づいた時点で、冷静になることを心掛けないといけない。

 

✳︎

 

リリス、ドラゴンテールの関係では、自分の心が試されると考えた方がいいです。

相手を見て、生理的に受け付けないと判断した時は、特に注意。

自分の心が試されている。

いつも冷静に。

そう心がけるだけでもだいぶんと違うはずです。

 

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

https://mokyoto.com/contact