占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

「本当の自分」はあるのか? 自分探しは本当にカッコ悪いことなのか?

真中です。

 

これは僕の占星術鑑定でもかなり重要なテーマです。

↓ ↓ ↓

「本当の自分」

 

生きることに迷い苦しむ人こそ、この「本当の自分」とはなにか? そもそもあるのか? ないのか? で深く考えているように思えます。

 

占星術師である僕の結論として、「本当の自分」は間違いなくある。

そして、本当の自分とは、「自分という人間の多くを占める価値観=本当の自分」です。

 

✳︎

 

僕は、その人自身を示す惑星「太陽」の星座のさらにドデカテモリ(星座の12区分)をというのを見て、本当の自分を特定している。

 

ドデカテモリを簡単に説明すると、例えばかに座の人(仲間思い、模倣の才能がある)でも、乙女座(分析力がある、批判精神が強い)、水瓶座(最先端のものに関心がある、平等意識が強い)などの資質があって、むしろそっちの方が自分という人間の価値観を作り上げているという理論です。

 

 

特に性格分析において、まず確認するのがドデカテモリの星座。

ここにその人の本質が記されています。

 

ドデカテモリはその人の縁が深い人や、特に天職(仕事の資質)もわかるため、大変貴重な情報源となります。

 

このドデカテモリは僕が占星術を学びだして以降、最も多く使っている理論です。

本当の自分は、自分の外側にあるものではなく、自分の内側にあるもの。

だから海外旅行で自分探しをするより、普段自分がどんな考え方をして、どんな人と付き合い、仕事とどう向き合っているか?

※ドデカテモリは仕事のスタイルも表す。

そこを深掘りした方が、本当の自分は見つけやすい。

そして、その本当の自分を発揮した方が、圧倒的に生きやすくなる。

 

ドデカテモリは本当にオススメ。

 

✳︎

 

話は少し変わって、自分探しがカッコ悪いと思っている人も結構多いと思う。

僕個人としては、別に気にする必要はないと思っている。

だって自分自身というものが一番わからないから。

わからないものを知りたい、それが自分自身なら尚更だと思う。

ある程度年齢を重ねて、自分がどういう人間なのかわかる瞬間もあるし。。。

 

✳︎

 

ただ、「自分探しをしていますアピール」を人にするのはカッコ悪いと受け止められる方が圧倒的に多い。

少し注意が必要。

なぜなら、そんなの10代のうちにやっとけよ! と思っている人が多いので。

そういう人は、自分のことを考える間も無く、仕事で忙しい日々を送っているので、そんな暇があったら働け! と思っている。

年相応という社会の価値観もある。

もちろん、それに従う必要は一切ないけど、むやみに敵を作るのは得策じゃない。

自分探しはこっそり。←これがコツです。

 

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

https://mokyoto.com/contact