占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

気をつけよう! 友人からボイドタイムで連絡が来たら。。。

真中です。

 

このブログでも度々登場しているボイドタイム。

ボイドタイムとは「魔の時間帯」のこと。

この魔の時間帯に、大事な約束や、何かを始めるとうまくいかないことが多い。

他にも僕は、ボイドタイムのタイミングで来たお誘いのメールには反応しないようにしています。

自分とは関係ないイベントの可能性が非常に高いので。

 

ボイドタイムは日常生活に活用できる、とても便利な占星術の知恵です。

 

ボイドタイムを知るには、こちらのサイトが便利です。

ボイドタイム2019年早わかり表【満月新月カレンダー付】

 

✳︎

 

さて、ここで今回の記事の本題に入りたいのですが、もし、友人から連絡が来たとき、それがボイドタイムだったら?

しかも、それがボイドタイムのタイミングで続いたら?

 

もしかすると、その友人は今、辛かったり、悲しい状態にあるのかもしれません。

 

占星術のあるあるとして、とある人の状態が悪いとき、例えば病気や怪我をして病院に行く際、自分とは相性が良くないお医者さんを(もちろん意図せず)選んだり、そもそも自宅から凶方向の病院を選ぶことがあります。

つまり、状態が悪いとき、人はさらに悪いものを選択することが結構あるということ。

 

✳︎

 

ボイドタイムの本質は、生活全般や精神を支配する月の吉凶。

友人からボイドタイムで連続して連絡してくるというのは、その友人の健康状態やメンタル面など、少し注意した方がいい知らせだと理解してもらえればと思います。

 

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

https://mokyoto.com/contact