占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

運命は地雷だらけだから、逆に行動できる。という不思議な話。

まなかん(真中)です。

 

ほかの占いは、さほど詳しくありませんが、少なくとも占星術鑑定をプロとして提供できるぐらいのスキルを持った方であれば、

「運命は地雷だらけだなぁ」

と思うはず。

 

✳︎

 

(以下、専門的な話なので読み飛ばしてオッケー)

理由は、空を巡る(占星術の言葉でトランジットしている)大凶星 土星はざっくりと7年に1度は自分に悪影響を与えるし、凶星 火星は半年に1度、こちらも自分の運命に悪影響を与えるから。

他にも、宿命的に、例えば身体が弱い、金運がない、仕事に難があるといった何らかの弱点は誰にも持ち合わせているし、そこに人生に悪い作用を及ぼす恒星(自ら光を放つ星)も関係してくる。

他にも危険な度数、破壊的な度数といったものも占星術では重要視する。

 

✳︎

 

(ここからまた読んでね)

誰のホロスコープを見ても、人生におけるたくさんの危険が発見できるし、これ関しては例外はないというのがホントのところ。。。

 

✳︎

 

だから、よく、「行動しなければ、人生は変わらない」というのが言われているし、僕も言っているけど、先に挙げたことを考慮し、また、先天的に人生は危険だらけだと誰もが心のどこかで思っていたとすれば、行動しない人がほとんどなのは、ある意味仕方ないことなのかもしれない。

 

✳︎

 

実際、現実社会では、すぐに否定されるし、ちょっとしたミスでボロカスに叩かれるし、変な人、意識高い人って思われたくないしで、行動したくてもできないというのは、これまた仕方ないと思えてしまう。

 

✳︎

 

と、ここまで、ずいぶんとネガティブなことを書いてきたけど(笑)、だからこそ、自分にとって、幸運なタイミング(運気が上がるタイミング)、自分に幸運をもたらす人、自分に幸運が訪れるジャンルは知ってほしい。

 

つまり、自分に幸運をもたらすものは、不幸に比べて限られているということ。

限られているからこそ、選択肢が絞れて行動しやすい。

これが今日の記事の本質。。。

 

✳︎

 

僕、よく思うんだけど、選択肢が多いってその人の悩みをどんどんと増やしているなぁと。

しかもこれだけ時代の流れが早いと、より悩みは深くなっていく。

 

自分の身体も、時間も、お金も限られたリソースだから、狙いを絞って行動して、結果が出るのを待つ、というのが賢い生き方の一つだなと思う今日この頃です。

 

 

占星術師 まなかん(真中伸也)

 

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

https://mokyoto.com/contact