占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占い師は、当事者でないからこそ見える景色を大切にしている。

真中です。

 

占い師に限らず、カウンセラーやコーチングのアプローチは、当事者でない、つまり、その事に直接関係ない人だから見える景色を大切にしています。

 

占星術師の僕であれば、ホロスコープ(運命の地図)から見える景色で、その方の運命を把握するのを主としており、クライアントの方に寄り添いすぎないというのはとても大切なことだと思っています。

 

それは別に、冷たくあしらうとか、そういうことではなくて、適切な距離感を保つからこそ、その人を見て、わかることがたくさんあるということです。

 

✳︎

 

この当事者でないというのは、人の相談に乗るとき、その多くは強みになります。

当事者でない、つまりその事柄について関係ない人だからこそ、話せることがある。

 

そういう意味で言うと、クライアントと占い師の距離感や関係性というのは、普段の生活ではありえない、非常に特殊なものだと言えます。

 

✳︎

 

僕の基本ポリシーとして、言葉を選びつつも、ホロスコープに出たとおりにお伝えしているのは、当事者でないことを最大限に生かしたいから、というのがあります。

 

僕も一人の人間なので、必要以上に感情移入してしまうことがあります。

けど、ホロスコープを見つめていると、だんだんと客観的な視点を取り戻している自分に気づきます。

 

星は本人よりも人生を語る。

僕はホロスコープに耳を傾けるだけでいい。

 

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

https://mokyoto.com/contact