占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占星術視点で、あなたが後世に遺すものは何か?

真中です。

 

占星術の可能性の話をします。

もし、今、自分がこの世からいなくなるとして、後世の人たちに何が遺せるのか?

占星術はそれを具体的に表現することが可能です。

ヒントはホロスコープの8番目の部屋である8宮。

そして、2番目の部屋である2宮。

ここをつぶさに見ていくと、自分が何を遺せるのかがわかってきます。

 

人が生まれて死んでいく最中に、たくさんのものを受け取っています。

もし自分が生きてきた証や、これからの時代を生きる人に遺すべきものは、もしかすると、今のうちにから見ておいて良いのでは? と思い始めています。

 

それは人生のゴールとはまた違ったものです。

対人へのプレゼント。

もし、その星の状態が吉なのであれば、そこを使命に生きても良いかもしれません。

 

例えば、僕の場合は、お金や現物。

また、チャレンジする精神、人生の楽しみ方だったりします。

 

もちろん、それは人によって違います。

人生哲学かもしれないし、癒しかもしれないし、地位かもしれないし、仲間かもしれません。

 

 

占星術師 真中伸也

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

https://mokyoto.com/contact