占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

失敗から学ぶ時に心がけたいこと。占星術が教える失敗の人生哲学。

真中です。

 

今日の記事は失敗について。

 

人は大なり小なり失敗するもの。

占星術で失敗を象徴するのは、惑星で言えば土星になります。

この土星はクロノスと呼ばれ、時間の神でもあります。

 

失敗はその人の「時」、つまり「人生」に刻まれる。

生きることとは、自分が生きた時間に失敗を刻むことでもあります。

 

そして、これは宿命です。

 

✳︎

 

一方、土星には責任という意味もあります。

 

✳︎

 

人は、時間という概念の中を生きている以上、失敗という不幸が必ず発生します。

そして、その時間の中で、自分の責任を身に付けることとイコールでもあります。

 

つまり、占星術は、

 

「失敗した時は、あの時、自分が背負うべき責任は何だったのか? を明確にしなさい。次にチャレンジする時は、その責任を身に付けた自分を大切にしなさい。」

 

と教えてくれています。

 

これも占星術が教えてくれる人生哲学です。

 

 

占星術師 真中伸也

 

京都観光と合わせて、ご自分の宿命と変えられる運命を見つめてみませんか?

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!