占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

こんな相手とは、離婚を考えてもいい。占星術の視点。

真中です。

 

今回の記事は、誤解を生みやすいのを承知で書いているのですが、そこは了解の上で読んで頂ければと思います。。。

 

✳︎

 

占星術の超基本として、結婚相手と戦争相手はホロスコープで同じ箇所を見て占います。

具体的には、12の部屋があるホロスコープの7番目の部屋、第7宮に注目するのです。

 

つまり、結婚とは戦争相手と一緒に暮らす。

これが占星術における結婚の本質です。

 

なので、結婚相手とは、本来争い合うもの、という理解の方が結婚はうまくいく。

 

✳︎

 

ただ、これだけは覚えておいていただきたいのは、戦争相手がゆえに、結婚相手とはケンカするだけまだマシ、とも言えるのです。

もちろん暴力は論外です。

ですが、考え方の違いは生じて当たり前。

人生の方向性もズレて当たり前。

それぐらいの心持ちの方がうまくいきやすい。

 

✳︎

 

ここでは、戦争相手=結婚相手ということになるのですが、これって別の視点で見ると、お互い対等だからこそ戦争相手、つまり結婚相手になり得ます。

ということは、相手が、

 

・降参しているのにまだ苦しめようとする(戦争相手ではなく侵略、征服者)

・そもそも同じテーブルの席につかない(争いすら放棄、調停の場にいない、コミュニケーションしない、ニグレクト)

・働かない(経済力や生産力をなくしている時点で、その国は破産している。戦争にはお金や生産する人が必要)

 

ということを行っているのであれば、それは既に戦争相手ではなくなるので、離婚を考えても良い、ということになります。

 

ちょっと変わった視点ですが、参考になれば幸いです。

 

 

占星術師 真中伸也

 

☪️女性の価値を高める「離婚専門鑑定」

実は離婚に関する相談が一番多いんです。

「離婚しないといけない理由」が明確になると、新しい人生のとびらが開きます。

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!