占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

今こそ使命に生きる時かもしれません。withコロナ時代に目覚める生き方。

真中です。

 

新型コロナの影響が、落ち着いているのかいないのか、よくわからない昨今ですが(苦笑)、家にいる時間が増えたり、仕事や人と過ごす時間が減ったりしている人も多いかと思います。

こういう危機的な状況は、良い意味で言えば試練であり、自分の生き方を見つめ直すチャンスかもしれません。

 

手前味噌ですが、僕はコロナ自粛の最中に今年の10月に(私家版だけど)占星術の冊子を出す決意をしました。

現在、準備に取り掛かっています。

ちなみに2冊出す予定です。

1冊目は新時代を生きる女性に向けて。

2冊目は新時代の経営者・リーダーに向けて。

 

✳︎

 

僕の星はホロスコープは、3番目の部屋である第3宮にマジョリティ(星が集まっている状態)を形成。

加えて、生まれた後に誓った人生のテーマである統治星も3宮にあります。

 

3宮とはメッセージ・文筆に関わる人生分野を意味します。

 

✳︎

 

命を使うと書いて、「使命」。

withコロナ時代は、自分の命を何のために使うのか? を考えるのには、良い機会と言えます。

 

✳︎

 

以前、こちらの記事をアップしました。

京都の占星術師が今、一番伝えたいこと。 - 占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

こちらの記事は、(ざっくりと)これまでとは逆の生き方をしないといけない、ということを書いています。

今の社会は、今までの価値観で作られた社会、しかもその価値観は、バブル時代で止まっている、というのが、僕の見方です。

92年にバブルが弾けても、90年代を生きる現役世代は、必ず右肩上がりになるという信仰を抱いた。

2000年代も、その現役世代は、その信仰に囚われていた。

2010年年代、その現役世代は引退するか、信仰を諦めるかになり、殺伐とした社会だけが残った。

 

今のままではいけない。

逆をやらないといけない。

 

✳︎

 

それは別に今の日本の社会において、これまでとは逆をやらないといけないというだけでなく、自分にとって大切な人生を送っていないと感じる人も、その逆をやらないといけないいうことが含まれています。

つまり、

 

自分の命を本当に使うべき人生は、どの方向を向いているのか? 今のままだと今のままで終わってしまう。

 

ということを真剣に考えるタイミングに、誰もが来ていると僕は思います。

 

一度しかない人生での新型コロナ。

これを良い意味で追い風にできることが、運命を変えるきっかけとなりそうです。

 

 

占星術師 真中伸也

 

☪️経営者・リーダーの「ビジネス超特化鑑定」

優秀な人財を採用したい、今回の契約を結ぶべきか迷っている、自分のリーダーシップはどうすれば発揮できるのか?

そんなお悩み相談が増えています。

百万長者は信じなくても、億万長者は信じる占星術をぜひ、ビジネスにご活用ください。

 

☪️女性の価値を高める「離婚専門鑑定」

実は離婚に関する相談が一番多いんです。

「離婚しないといけない理由」が明確になると、新しい人生のとびらが開きます。

 

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸(阪急線)、河原町御池(京阪線)など、アクセスのしやすいオープンなカフェラウンジで鑑定を行なっています。

関西以外の方は、電話、LINE電話にて鑑定を行います。

 

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!

 

真中伸也のTwitterフォロー、お願いします!

https://mobile.twitter.com/koken_manaka