占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

性(セクシャリティ)とリリス。人生で失敗しないための理性と教養。

真中です。

 

このブログで人気があるのは、悪縁とリリスに関する記事です。

リリスが、悪縁の象徴であるのは間違いありません。

その所以の一つとして、「性(セクシャリティ)」の象徴であるからです。

 

ホロスコープ(運命の地図)で、リリスが太陽、月と密接に関係すると、カリスマ性が生まれる可能性があります。

芸能人で若くして成功されている一部の方は、この傾向が見受けられます。

ひとえに、セクシーな魅力をその身にまとっている。

その自分が醸し出す魅力に自分自身が気づいていて、セクシーな魅力を生かす方もいます。

逆に、まったく気づかず「人生、やたらと人が寄ってくる」という方もいます。

そういう方は、一度、リリスに注目されてもよいかもしれません。

 

✳︎

 

ここからが本題。

 

相性において、リリスが絡むと失敗しやすいのは、相手のセクシャリティに魅了されて、自分自身を見失うからです。

自分自身を見失うとは、理性が働かなくなること。

理性が働かなくなるとは、人は本能がむき出しの状態になること。

そして、本能と快感は非常に関係が深く、食欲、睡眠欲、何より性欲は、快感を伴うもの。

本能は、その欲を律することはできません。

 

僕が最近感じるのは、リリスが絡んだ相性で失敗する人が、なぜ、リリスが絡んだ人と出会い、関係を持ったのかということです。

それは、「失敗から理性の大切さを学ぶ」ということが多分にあるのではないかと思います。

理性が働くというのは、別の視点で見れば、地に足が着いた状態(グラウンディング)のこと。

本能だけの状態になった時、足元はふらつき、欲の方へと身体も心も流れてしまう。

人生を生きていく上で、非常に危険な状態ではないでしょうか?

 

✳︎

 

いかに理性が大切か?

占星術の研究、鑑定を行えば行うほど、その大切さを感じています。

 

では、理性を失わず、逆に高めていくには何をすればいいのか?

そこが教養になると思います。

過去の歴史を紐解けば、個人はもちろん、国や政治がなぜダメになっていったのか?

そのダメなったタイミング以降、先人は格言という形で、失敗から学んだ知恵を残してきました。

 

僕が好きな格言は占星術の師の言葉である、

「運命の創造者は自分」。

 

この言葉に人生のすべて詰まっているように思えてなりません。

誰しも自分に合った格言というものがあると思います。

仏陀、キリスト、マザーテレサ、ガンジー。。。

 

理性を高めるための教養は、この世界に確実に存在します。

 

 

占星術師 真中伸也

https://mokyoto.com/