占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

夢、希望を達成するプロセスは何か?

真中です。

 

今日のテーマに入る前に質問です。

理想主義、現実主義、もし、あなたはどちらか? と問われた場合、皆さんはどちらの考え方でしょうか?

 

まず、お断りしておきたいのは、これに正解はないと思っています。

実際の話、自分は理想しか見ない、もしくは現実しか見ないという100%の偏りがある人ってまずいないからです。

 

けど、どちらかと言えば理想主義でしょうか、現実主義でしょうか?

 

✳︎

 

なぜ、今回この話をするのかというと、理想と現実の使い分けについて、お話したいからです。

結論から言うと、

 

理想を実現するために、現実と向き合う

 

が最も良い考え方です。

 

✳︎

 

夢、希望を叶える人は、青写真から描きます。

青写真とは、完成の予想図、未来の構想という意味です。

ビジネスの世界だと、ブループラントと呼ばれたりします。

青写真を描いて、現実の世界に落とし込む。

描いた青写真は、現実の世界でどうやると実現できるのか? このプロセスがとても大事です。

青写真→現実の世界での実現。

この順番がとても大事。

 

✳︎

 

青写真の内容を100%実現できるのか?

これに関してはイエスともノーとも言えます。

それこそ現実の社会では100%の実現は、かなり苦しいかもしれないし、30%の実現が手一杯かもしれません。

けど、その30%を達成してから次の60%を狙っていくのが、夢、希望を達成する人がよくやる考え方です。

 

✳︎

 

失敗しやすいのは、いきなり現実から入る人です。

現実社会は、制限のある世界ですので、限界を感じて、やりたいことを諦めやすくなる。

 

✳︎

 

同じく失敗する人は、理想しか見ないタイプ。

現実社会で理想を形にするプロセスを疎かにしがちです。

 

✳︎

 

今回、一見当たり前のことを書いているのですが、いざ、自分の夢、希望が達成できない場合、理想だけ、もしくは現実だけとしか向き合っていないというのが大きな原因となります。

 

特に現実しか見ない人の場合、年齢や世間体、性別を理由にやりたいことを諦めている人ってとても多い。

しかもそういう人に限って、夢、希望に挑戦する人の足を引っ張ったり、影で悪口を言って、自分の徳や運を下げるという悪循環をやってしまっている。。。

 

理想しか見ない人は、理想だけの世界、正確には理想を描いた頭の中の世界が心地良くて、そこから抜け出そうとしない。

 

✳︎

 

2021年は夢希望の一年になることを、僕は前々からこのブログでお伝えしています。

コロナ禍で誰もが苦しんでいるからこそ、2021年はとても重要になってきます。

どうすれば、自分の夢、希望は10%でも実現できるのか?

今年の年末までは、ここをしっかりと考えた方が良いです。

 

✳︎

 

まず、理想を描いてください。

次に、現実と向き合ってください。

実現が難しそうであれば、理想を見直すのではなく、理想の10%を達成するために現実の世界でやれることを考えて、実行してみてください。

10%であれば、意外とあっさりやれるかもしれない。

 

やってやれなくはないですよ。

10%の夢、希望の実現からを僕はオススメしています。

 

 

真中伸也

 

 

☪️女性の価値を高める「離婚専門鑑定」

実は離婚に関する相談が一番多いんです。

「離婚しないといけない理由」が明確になると、新しい人生のとびらが開きます。

 

☪️鑑定メニュー

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

意外とオススメなのは、自分の引っ越し先がわかる占星術風水法です。

自分の天職、リーダーシップを発揮する方法もお伝えします。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

☪️鑑定のお申込みは

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸(阪急線)、河原町御池(京阪線)など、アクセスのしやすいオープンなカフェラウンジで鑑定を行なっています。

関西以外の方は、電話、LINE電話にて鑑定を行います。

 

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!

 

真中伸也のTwitterフォロー、お願いします!

https://mobile.twitter.com/koken_manaka