占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

その人だけの幸運を読む技術。

真中です。

 

僕が鑑定で心がけているのが、星占いのように万人の方向けではなく、その人だけの運命を占星術で読むことです。

より詳細に読むための理論であるドデカテモリをよく使います。

これからどういった人生を歩まれるのか、宿命的な出来事はなにか、相性がいいのか悪いのか……。

その方の運命は、色で例えれば単色ではなく、その人にしかない色がグラデーションのように描かれているのだと思います。

恋愛をするにしても、出会いやすい場所、相手の性質、自分の好み、実際に付き合う人の性格がみんなバラバラなように、ドデカテモリを使用すると、その人だけの色が見えてきます。

僕が大好きな理論であると同時に、実践鑑定では欠かせない存在です。

 

✳︎

 

日々、鑑定技術の研鑽を積む中で、ここ最近は「その人だけの幸運」を見つけることをテーマにしていました。

幸運の見つけ方はさまざまあります。

金星・木星とその宮、アセンダント、統治星とその宮、ミッドヘブン、ミッドヘブンの主星とその宮、ドラゴン・ヘッドとその宮(ただしインド占星術では凶星)、パート・オブ・フォーチュンとその宮、金星と木星のハーフサム、本質的品位の点が高い惑星とその宮などなど。

これらは占星術では一般的な存在であるかと思います。

問題は、先にも書いたその人だけの色をどう見出すか?

その幸運の見つけ方にもドデカテモリを使用していましたが、試してみたい理論が見つかりました。

これから研究、検証に入ります。

 

✳︎

 

占星術にはたくさんの理論があり、どの理論を実践鑑定で使用するのか、鑑定家はセンスが試されると常々感じています。

もちろんたくさんの理論に振り回されるのではなく、きちんと検証した、自分に合った理論で実践に臨まなくてはならない。

その方の運命の何手先かまで読まないといけない。

しかも、最後はインスピレーションで読みます。

なので、コンディションを整えるのも非常に大切。

 

鑑定家は囲碁将棋のプロ棋士みたいです。

 

研究であれ、鑑定であれ、ポロスコープ(運命の地図)と向かい合った時は、いつも真剣勝負です。

 

 

占星術師 真中伸也

https://mokyoto.com/