占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

月のボイドタイムを回避した縁は繋がっておくべき、という話。

真中です。

 

このブログで度々取り扱っている月のボイドタイム。

ボイドタイムとは魔の時間帯のこと。

月のボイドタイムのタイミングで、約束をしたり、何かことを始めても成就しにくい。

月のボイドタイムは以下のサイトでご確認ください。

ボイドタイム2019年早わかり表【満月新月カレンダー付】

 

✳︎

 

前に書いた記事で、月のボイドタイムのタイミングで来たメールは縁が薄いことを書きました。

ということは、その逆に、月のボイドタイムを回避した連絡は何らかの縁があるということです。

特に直感が働き、ピンと何かを感じた場合、積極的に動いてみてください。

その方が運が上がりやすい。

 

ボイドタイムを回避した縁には、なるだけ関わることをオススメしています。

 

 

占星術師 真中伸也

 

京都観光と合わせて、ご自分の運命を見つめてみませんか?

幸運のありかを、自分の可能性を、大切な人の幸せを、一緒に見つけましょう!

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!

https://mokyoto.com/contact