占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占いに頼っていい時ってどんな時? 占いが効果的になる法則について。

真中です。

 

今日は僕の考える「占いに頼っていい時ってどんな時?」について書いていきます。

 

結論から書くと、いくら考えても自分の思考や理性ではどうしても判断できない時。

 

こういう時は占いに頼っていいと思います。

 

あれ?

当たり前ですね。

けど、これはとても大切なことなのです。

 

占星術が教えてくれる人生哲学の一つに、「理性が効くものは吉、効かないものは凶」というのがあります。

それを考慮すると、理性が効いて思考で判断できるのであれば、もちろん、占いは必要ないと言えます。

けど、そうではなく、どれだけ考えても判断しかねる時に、占いは効果を発揮するものだと思います。

 

✳︎

 

話は少し変わって、なぜ、経営者、リーダーの方は占い師にアドバイスを求めるのか?

理由はいろいろあると思うのですが、僕が感じるのは、「自分では判断できないこともある」と謙虚に自覚されているから。

一見そうは見えなくても、裏ではめちゃくちゃ考えている経営者、リーダーの方ってとても多い。

難しい重要案件を判断をするのがお仕事なので、深く考えているが故に、「自分では判断できないこと」に対しては相当な感度のアンテナを立てておられる。

 

 

☪️占いが効果的になる法則

深く考える

自分では判断できないこともあるという自覚

判断できないことに対してアンテナを立てる

判断するための良き情報をキャッチする

 

 

この法則は、たとえ経営者や自営業の方、リーダーの方でなくてもとても大切です。

 

✳︎

 

占い、ひいてはスピリチュアルの功罪として、

理性や思考よりも直感の方が重要!

という考え方を広めすぎたのは間違いなくあります。

いえいえ、そんなことはありません。

どちらも大切ですよ。

 

普段から理性や思考が効いているから、直感も効いてくるんです。

 

話を戻すと、たくさん考えて、どうしてもわからない時に占いに頼るのって、悪くない判断だと思います。

 

もちろん、まともな占い師さんの選択も大切です。

 

 

占星術師 真中伸也

 

京都観光と合わせて、ご自分の宿命と変えられる運命を見つめてみませんか?

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!