占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

自分の幸せが他の人の幸せになる時。幸せになる権利を教えてくれる占星術。

真中です。

 

利他という言葉があります。

自分を犠牲にしてでも、他人の利益を図ること。

これが利他の意味です。

現代の社会で足りていないのは、利他だと思います。

なんでもかんでも自分優先で生きている人が多い。

 

・コンビニや電車で順番を守れない人。

・支払うお金以上のサービスを要求する人や、そもそもお金そのものを払わない人。

・自分が言っていることが全て正しいと思っている人。

 

✳︎

 

幸いなことに、こんな社会の中でも、利他の心で誠実に生きている人もいます。

誰もやりたがらない仕事を引き受けたり、嫌味を言われても笑顔で対応してくれたり……。

それが多くの人の役に立っているのは間違いないと思う。

 

✳︎

 

けど、そんな利他の心で生きているが故に、背負いすぎている人がいる。

自分を犠牲にしすぎて、自分を見失いがちになっている人がいます。

 

✳︎

 

確かに利他の心で生きることは素晴らしいことです。

これにだけ関して言えば、反論の余地はないと思う。

だけど、それがもし自分を不幸にしていたとしたらどうだろう?

もっと言えば、背負いすぎてしまった自分を見ている周りの人たちが、自分に対して不安に思っていたり、不幸せを感じているとしたらどうだろう?

 

「もっと幸せになってほしい」と。

 

✳︎

 

この世界では、利他の心が素晴らしいと同時に、自分の幸せが、自分の愛する周りの人たち、例えば、家族や恋人、子ども、友人、知人の幸せになっていることが往々にしてあります。

 

むしろ、自分が不幸せな時、周りの人も不幸せに感じてしまうものだと僕は思います。

 

✳︎

 

まずは、自分の幸せから。

 

✳︎

 

占星術において、試練を与える土星、トラブルを引き起こす火星は誰にでもあるのと同時に、自分に幸運をもたらす木星、金星は誰にでもあります。

 

幸運がない人生など、この世に存在しません。

 

それは自分自身が幸せになる権利があることでもあります。

 

これも占星術が教えてくれる人生哲学です。

 

 

占星術師 真中伸也

 

京都観光と合わせて、ご自分の宿命と変えられる運命を見つめてみませんか?

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!