占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

幸運のサードドア。未踏の可能性に挑もう!

真中です。

 

今日の記事は昨日アップした記事がヒントになっています。

真中伸也は、悪い運命を回避、乗り越えるための占星術鑑定を提供する。 - 占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

 

占星術では、幸運へのアプローチを複数提案することが可能なのですが、僕の感覚だと、

 

・近道

・回り道

・第3の道

 

の3つに分かれると考えています。

 

✳︎

 

近道とは、それをやるだけで、幸運なるよ、というもの。

これは僕としては、非常に伝えやすい。

例えば、出世運がある人は、とにかく仕事に精を出す。

夢、希望が叶えやすい運であれば、リスクを取ってやりたいことをひたすらやる。

結婚運がある人は、結婚して幸せを掴む。

 

✳︎

 

回り道とは、それをやるためには人からの支援だったり、タイミングを待って行動すれば、幸運の目が出てくるもの。

 

ビジネスで成功したければ、自分の運を上げる人を側にいてもらう。

金運が悪ければ、自分に合った稼ぎ方をする。

病気がちな人は、身体に適した健康法を実践する。

 

✳︎

 

そして、今日の記事の本質は第3の道です。

 

✳︎

 

第3の道とは、その人の運命の奥底にある本当の可能性、つまり、幸運のサードドアです。

例えば、僕の場合、その人の本質を見るのに、まず、太陽のドデカテモリに注目します。

ドデカテモリとは、例えばその人が、いて座だったとしても、実はうお座の要素が強い、といったことがわかる占星術の理論です。

 

他にも、(ここでは書けないのですが)あのアプローチだったり、このアプローチだったり、AとBとCの理論とインスピレーションとを組み合わせて、といった形で、その人にしかない本当の幸運を見つけることを実践鑑定ではやっています。

 

✳︎

 

つまり何が言いたいのかというと、第3の道は宝探しです。

そして、この第3の道の内容をクライアントの方にお伝えすると、時に、頭が真っ白になる方も。。。

けど、それはこれまでの人生で出会っていなかったからこそ、頭が真っ白になるんですね。

 

その真っ白な空間は、クライアントの方の人生において、まさに、

 

未踏の可能性

 

です。

 

これまでうまくいかなかったのであれば、未踏の可能性に挑戦する価値は十分にあります。

 

人には、まだまだ可能性が残されています。

ぜひ、多くの方に「幸運サードドア=未踏の可能性」に挑んでもらいたいなと思いながら、日々、鑑定に臨んでいます。

 

 

占星術師 真中伸也

 

京都観光と合わせて、ご自分の宿命と変えられる運命を見つめてみませんか?

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

https://mokyoto.com/contact

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!