占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

天秤座から学ぶ結婚生活の教訓。

真中です。

 

このブログを書いている時、空を巡る月は天秤座にあります。

今回は天秤座の性質から理想の結婚を学んでみたいと思います。

 

そもそも天秤座と結婚がなぜ結びつくのか?

占星術で使用するホロスコープ(運命の地図)において、結婚は主に7番目の部屋(7宮)から派生的に見ていきます。

その7宮の定位置の星座が天秤座であるため、天秤座と結婚には深いつながりがあります。

 

さてさて、僕は古典占星術を学び、実践鑑定に取り入れているのですが、その古典占星術では、惑星と星座の組み合わせで吉凶を判断する「本質的品位」という解釈があります。

例えば、今回の天秤座ですと、

 

・金星、土星は天秤座との組み合わせで吉

・太陽、火星は天秤座との組み合わせで凶

 

となります。

 

この本質的品位から理想の結婚生活を見ていきます。

 

✳︎

 

占星術で愛情を表現する惑星は金星です。

結婚生活には愛情が必要なのは言わずもがなですね。

 

占星術で責任を表現する惑星は土星です。

結婚生活はこれまでの人生と違い、責任が必要です。

占星術の観点からでも、結婚と恋愛はこの責任感があるかないかが大きな違いであると解釈できます。

 

結婚には相手に愛情を注ぎ、相手に対して責任を果たすことが重要であり、吉となる。

 

✳︎

 

占星術で自我を表すのは、太陽、火星です。

相手を理解せず、自分の言いたいこと、やりたいことを押し付けると、結婚生活は破綻する。

また、仕事を表すのも太陽、火星です。

仕事ばかりに夢中になると、家庭が疎かになり、結婚生活に支障をきたします。

余談ですが、占星術において、結婚は敵と一緒に暮らして魂を磨くという解釈があります。

(戦争で相手に勝てるかは、なんと結婚と同じ7宮を派生的に読みます)

 

結婚には自己主張ばかりせず、相手を理解する姿勢が必要。

さらに仕事ばかりにかまけず、家での生活を大切にする必要がある。

 

✳︎

 

結婚において、

愛情と責任は吉。

自己主張が強い、仕事ばかりに夢中なるは凶。

 

これらは、当たり前のことばかりのようで、普段見落としていることなのかもしれません。

 

 

占星術師 真中伸也

https://mokyoto.com/free/about