占星術専門 占いブログ 「週刊 MOTHER OF KYOTO」

京都の占星術師 真中伸也のブログです。

占星術で考える、仕事をがんばっているのに結果が出ていない3つの理由。

真中です。

 

世の中には、仕事で人よりも努力しているのに、結果が出ていない人がいます。

毎朝、誰よりも早く出勤して、誰よりも遅くまで残り、会議では積極的にリーダー的ポジションで周りの人を引っ張り、常に会社やクライアントのことを考えて仕事をしているのに、、、結果が出ていない。

 

周りの同期や後輩の方が出世する、自分の給料が上がらない、つまり、これだけやっているのに評価されない……。

会社の社長さんで、同業他社に遅れをとっている、これだけ事業に投資しているのに、利益がついてこない、なんでケースがあるかもしれません。

 

✳︎

 

今日の記事では、仕事をがんばっているのに結果が出ていない理由を占星術的に考えてみます。

その理由は大きく3つあります。

 

✳︎

 

一つ目。

そもそも、その仕事が向いていないから。

これは結構、大きいです。

前にもこのブログで書きましたが、天職、適職についていない人って結構多いんです。

向いていない仕事をしても、結果が出にくいのは、当たり前の話。。。

 

二つ目。

運が下がっているタイミングであるから。

身もふたもない話ですが、、、運が下がっているタイミングは、結果が本当に出にくい。

運が下がっている時は、大人しくして、インプット(勉強)にいそしむなど、普段の過ごし方を変えることが大切と言えます。

 

✳︎

 

そして、三つ目。

今日の記事の本質はここになるのですが、

 

「自分の資質にあった仕事のやり方をやっていない」

 

ことが挙げられます。

 

これは一つ目に挙げた、その仕事を向いていないから、と似ているようで非なるもの。

例え、天職や適職であっても、自分の資質にあった仕事のやり方をしていないと、結果が出にくい。

 

例えば、以下12の資質が挙げられます。

 

・人前に出て突破口を開いていく人

・話をすることからビジネスチャンスを広げていく人

・出張、旅行、出かけることで運が上がる人

・家で働く方が向いている人

・趣味や恋愛を生かす人

・忙しいぐらい仕事を引き受けた方が充実する人

・忙しいのは嫌だけど、コミュニケーションが得意、もしくは重要な局面で確かな判断ができる人

・一つのことに没頭する人

・研究や、哲学、思想を生かす人

・社長気質な人

・最先端を追い求める人

・人に優しく接することで、チャンスをものにする人

 

✳︎

 

自分の資質を知っておく最大のメリットは、どの仕事についても、資質にあった仕事のやり方で、その仕事に適合できること。

さらに言えば、僕の意見として、天職、適職も大切だけど、自分の資質を生かした方が仕事は楽しくなる傾向が見られます。

 

上に挙げた12の資質はヒントになるので、ぜひご参考に。。。

 

 

占星術師 真中伸也

 

京都観光と合わせて、ご自分の宿命と変えられる運命を見つめてみませんか?

鑑定メニューはこちら。

オススメは結婚、恋愛、ビジネスパートナーの相性鑑定(良縁・悪縁、リリス)です。

https://mokyoto.com/free/expertopinion_area

 

鑑定のお申込みはこちらから。

JR京都駅、四条烏丸、三条河原町などアクセスの良いカフェラウンジでやっています。

Skype、LINE電話での鑑定も可能です!

他にも占星術中級レベルの方に、真中さんのホロスコープの読み方をお伝えするセッションもやっています!